2018年09月01日

「賢竜杯13(仮)」開催について

DRAGON Projectです。

「賢竜杯13(仮)」について、大会開催に向けて準備を始めることになりました。


<時期について>
2019年に実施予定です。ただし、現在のところ、会場などの関係上、
1月開催は非常に厳しくなっている状況であるということをお伝えします。

賢竜杯は「QMAジャパンツアー2018 賢神降臨」における「グランドスラム大会」の
選考対象大会の一つになる可能性が例年通りありましたが、
(グランドスラム大会の開催日程が未定とはいえ)昨年と同様の日程であった場合
賢竜杯開催はグランドスラム大会より時期的に遅くなる可能性があり、その場合
グランドスラム大会の枠はツアー成績上位者に振り替えて頂くよう依頼するつもりです。

日程は決定次第お知らせする事とします。
こちらも時期未定ながら、MAXIVCODE稼働中の開催にならない可能性もございます

<場所>
関東地区を予定しています。
決定次第お知らせする事とします。

<シード権>
詳細については、現在検討中となっております。
以下に書いた事について、検討の結果変更する場合があります。

1.シード権・準シード権について
 現在のところ、「シード権」「準シード権」というものを設定し、
 シード権を持っているプレイヤーは賢竜杯本戦に出場出来るものとします。
 また、準シード権を2つ獲得したプレイヤーは、
 シード権に振り替えるものとします。

2.シード権・準シード権所持者 
 以下のプレイヤーにシード権を与えるものとします。
 ・前年度賢竜杯「賢竜杯Xii」で準決勝に進出した者
 ・前年度「グランドスラム大会」で決勝に進出した者
 に与える事とします。

 ■現時点でのシード権有資格者(前作CN)
  賢竜杯Xiiベスト8
   ぼーしぱん、おうさかひめの、オタク、わさムーチョ、
   ほりべやすこ、ニラせんせー、パーシヴァル、れお
  グランドスラム大会ベスト4
   ひなたビタレント、かどばん、キレキャリオン

 また、以下のプレイヤーに準シード権を与えるものとします。
 ・今年度「サツキ杯」で決勝に進出した者

 ■現時点での準シード権有資格者
  サツキ杯ベスト4
   カムカム、まさつKすう、プリズま、ダークファントム

3.「QMAジャパンツアー2018 賢神降臨」SG大会におけるシード権
 「QMAジャパンツアー2018 賢神降臨」における各SG大会の成績に応じて、
  シード権・準シード権を与えるものとします。
   ★シード権…SG決勝進出
   ☆準シード権…SG準決勝進出(決勝戦進出者決定戦にて敗れた者)
  ※SG大会におけるシード権・準シード権の繰り下がりはありません。

<地方予選>
開催日程決定後に、募集開始致します。
今回も各地の大会主催者の皆様のお力を借りて実施していきたいと考えております。

<ルール>
詳細については、これから検討するものとします。
店内対戦モードを使用した形で行い、
原則的にリコードアリーナを用いるルールは採用しない予定です。



以上です。
posted by DRAGON PROJECT at 00:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

「賢竜杯13(仮)」スタッフ募集について

D-Pro採用担当です。
賢竜杯13(仮)開催に伴い、賢竜杯スタッフの募集を行います。


賢竜杯運営団体「DRAGON Project」(D-Pro)は、現在、10人ほどで活動しています。
ですが、各人仕事を抱えつつゲームも楽しみつつの為、人数は常に不足している状況です。
現状のメインスタッフの規模では、大会クオリティを保つには不可能と言わざるを得ません。

QMA最大の大会に関わってみたい、けれど関東以外に住んでいる、なかなか大会に参加できない…などの理由で足踏みされている方がいらっしゃるかもしれません。ですが、力をお借りしたいパートは多方面にございます。
(是非、本戦の雰囲気を味わって頂きたいとは思いますが)

私たちは皆さんの協力を強くお待ちしています。


★作業内容
簡単にグループ分けして作業しています。
自身の担当グループ以外でも、かかわりをもつことは大歓迎です。
気になる点を質問したり実務をやりたいなどのリクエストがあれば、携わりやすい形で割り振りを行うよう、極力調整をかけてまいります。
定例作業を素早く行うのが得意、指定を受けてそれにかなうものを作りたい、クリエイティビティなことに関わりたい、という希望にも可能な限り応えていく予定です。


<予選管理グループ>
地方予選を管理します。
地方予選に名乗り上げてくださった主催者の方と、日程のすり合わせ、
ルールの確認などを行い発表。
必ず予選当日に大会参加しなければならない訳ではありませんが、
出来るならば大会運営の協力。
終了後は結果整理、結果の発表。
といった、一連の流れを実施していただきます。
一番プレイヤーに近いポジションかもしれません。

<ルール管理グループ>
本戦、およびDPで担当する大会のルールを策定します。
詳細については現時点で白紙です。
より面白い、皆の楽しめるルールを考えてください。
一から作り上げるもよし、改良・疑問点の質問などを行うもよし。


<フロアグループ>
本戦でのイベント、ならびに会場全体の流れやタイムキーパーをお願いする仕事。
いままでより細かい時間の流れの設定や、人の流れを考えるとともに
会場レイアウトの作成等、影から本戦を盛り上げる仕事です。


<打ち上げグループ>
打ち上げについて考えるグループ。250人近くの飲み会について
店舗側と交渉したり発表準備を整えたりします。
肉の種類、酒の種類にこだわりがある人は交渉担当の枠が空いています!


<技術・Webグループ>
Qtoolfという店舗大会運営システムの構築、
本戦のオープニング・エンディング動画の作成、
本戦で使用するエクセルツール等の整備など技術寄りのお仕事です。
Web配信、本戦会場の音声・中継の配線などを考えたり
花形でもあり裏方でもあり。
仕事でなんとなくエクセルのマクロや関数を使ってたり、
動画つくったりする人はそれが生かせる場所です。


<総務グループ>
絵師さんとの連携やパンフレットの作成といったデザイン的な部分と、
受付管理についてシミュレートしたり、本戦当日の受付を行ったりします。
ブログの管理なども行って頂きます。
受付のお仕事なのでプレイヤー併用も可能です。
今回力を入れて増やしたいグループでもあります。

これらに属さない、全般的にいろいろ絡んでいっしょに考えたりする
コミッショナーとコミッショナー補佐がいます。
各グループは責任者が現スタッフで暫定的に決められていますので
相談したりすることも可能です。

また、上記は一応本戦前までの仕事です。
本戦は別途集計スタッフや受付スタッフの仕事もございます。


★募集について
上記で示したような作業で
具体的に「こういう仕事をしたい」と考えている方は勿論歓迎します。
ただ、「自分がどういう事が出来るか分からない」という方でも歓迎します。
基本的にSNSに入っていただき、様々な問題を全員で考え全員で解決しつつ、
各自担当部分の作業についても、自分の都合などで他の人に依頼したり手伝ったりと
融通は聞くと思います。
(しばらく仕事で作業出来ない!とかでも前もって言って頂ければ調整します)
プレイヤーとして参加する方・シード持っている方も歓迎します。


★スタッフになると良い事
・本年度も「スタッフ枠」を用意する予定です

・スタッフ割引
基本的にボランティアで作業を行ってもらっている為、
報酬などが用意出来ません。
(D-Proは運営団体でお金はいつもありません)
その為、現在、本戦の参加費を割り引く事を考えています。

・スタッフ限定グッズ
昨年作ろうと思ったのですが出来ませんでした。
今年は頑張りたいなあ・・・

スタッフは、決して目立つ仕事ではありません。
ですが、主役の一人です。
賢竜杯13(仮)を一緒に創りましょう!

【スタッフ応募について】
メールで応募ください。
kenryuhai.13(a)gmail.com
※(a)→@に変換
または、DRAGON ProjectのツイッターアカウントにDMして下さい。
折り返しご連絡いたします。
posted by DRAGON PROJECT at 00:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする